ポケモンGOにポケモンに対して、レア度がある。

従来のポケモンにはレア度と呼ばれるものがあります。

歩いているとよく出現するポケモンはレア度が低く、逆に滅多に遭遇しないポケモンはレア度が高いといわれます。

●ポケモンのレア度●

レア度が高いポケモンの中には純粋に出現率が低い野生のポケモンもいるのですが、特定の条件を満たさないと出てこないポケモンや伝説と呼ばれるポケモンがいます。

特定の条件を満たすと登場するポケモンや伝説ポケモンは作中にも1体しか登場せず、とてもレア度の高いものになっています。

一度倒してしまったり、逃げられてしまうと二度と捕まえられなくなってしまう場合があります。

ポケモンGOに登場するポケモンたちにもレア度というものがあります。

ランクは上からSS,S,A,B,C,D,Eの7ランクが存在しており、当然ですが上位に成程滅多に出会えなくなります。

●野生で出会えないポケモン●

SSランクのポケモン(メタモン/フリーザー/サンダー/ファイヤー/ミュウツー/ミュウ)は現在未実装なので野生で出会うことはできません。

こちらは後々にイベントが何かで実装されるのでは、と考えられています。

メタモン以外は伝説のポケモンなので分かりますが、メタモンは何故SSレアとされているのでしょうか。

従来のポケモンでは、タマゴを生ませるのにV5メタモンが重宝されています。

ポケモンGOではタマゴを生ませることはできませんが、後々にそういったシステムも実装されるのでしょうか。

それとも、それ以外でメタモンに活躍の場があるのかどうか気になるところなので、メタモンが実装される日を待ちたいと思います。

●ポケモンGOでのレア度●

Bランクに位置付けられているポケモンは、従来のゲームではそれ程出会うのが大変ではなかった、寧ろよく出会ったポケモンが非常に珍しいポケモンとなっています。

逆にCランク(一般的)とされるポケモンの中に、初代御三家と呼ばれるヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネがいます。

初代御三家は人気が高いのですが、従来のゲームで野生のポケモンとして登場することはありません。

ゲームクリア後に解放されるサファリなでゲットをする、タマゴを人と交換するなどできるようになっていますが、本編中には登場しません。

その御三家がCランクに位置付けされているのはファンにとっては嬉しいのではないでしょうか。

御三家以外にも、特定の条件や石を使用することで様々な進化をさせることができるイーブイがCランクにいます。

イーブイを含め、イーブイの進化系統はまとめてブイズと呼ばれ人気がありますから、イーブイがCランクにいるのも嬉しい所ですね。

ポケモンGOでは赤緑時代の初期151匹しか実装されていませんので、イーブイの進化先は3つになります。

現在のブイズは種類が豊富なので3種では少ないと感じるかもしれませんが、進化させるために必要なアメの量を考えるとかなり大変ですね。

そういう意味ではイーブイはCランクでも全然でない方なのかもしれません。

※詳しくは、こちらをご覧下さい。http://pokemongo-news.com/

  • Posted on 9. 9月 2016
  • Written by admin01
ポケモンGOにポケモンに対して、レア度がある。 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.